フィコシアニンのすごい力

フィコシアニンとは海苔などの藻類に含まれる色素タンパク質の一つです。
植物に生命の源である光合成色素の一つフィコシアニン。
あまり知られてはいないのですが、凄い力を秘めているのです。

OKWaveの情報を要約した情報サイトです。

まず、特筆すべきは、その抗酸化作用です。

人間の体は常に酸化しています。また、その課程で活性酸素を生み出し、この活性酸素の量が過多となった場合、動脈硬化、生活習慣病、細胞の破壊などといった様々な悪影響も人間の体に与えます。

スピルリナの販売店の情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

そして、フィコシアニンこそ、過剰な酸化を抑える強い抗酸化作用を持つ栄養素なのです。


具体的にその効能をあげてみましょう。


まずは活性酸素を除去し、細胞の劣化を抑え、シミそばかすの予防をして美肌効果をもたらし、口内炎といった粘膜由来の難問にも役立ちます。

さらに、免疫能力も高まるので、風邪もひきにくくなります。



そして、抗炎症作用により体の節々の痛みなども解決してくれます。勿論、他にも活性酸素の増加で引き起こされる動脈硬化などの生活習慣病にもききめがあり、その上、カドミウムやダイオキシンといった体に有害な物質を体外に排出しいてくれるデトックス効果もあるのです。


忙しい毎日の中では、疲れは積み重なってゆくばかり、ストレスは体に悪い、しっかり休みなさいと口をそろえて世の中の人は言うけれども、ストレスも疲労も感じることなく、いつでも充分な休息が得られる・・・。

そんな生活が、現実にあるのでしょうか?、実際にあったとしても、一体、どこにゆけば、私達の手に入るというのでしょうか?ストレスと有害物質が蔓延した世の中で生きていかなければいけない私達には、フィコシアニンの力こそ、現実的で必要な力なのではないでしょうか。